初実の果

キリスト教についてまとめるメモブログです。

神の愛とその他の愛―愛の誤用について

エス様の教えには、次の御言葉のように難解な箇所があります。

私のもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、また自分の生命(いのち)さえも憎まない者は、私の弟子となることは出来ません。 ルカ14:26

続きを読む

シリア語詩編153編をよむ

シリア語にのこる外典(偽典)詩編です。


――人々がキュロスから帰国の許可を得たとき。

主よ、わたしはあなたに向かってきました𝅝 どうか聞いてください。

わたしはあなたの聖なる住まいに向けて手をのばしました𝅝 わたしに耳をかたむけてください。

わたしの願いを聞きいれてください𝅝 わたしのいのりはとだえません。

わたしのタマシイを壊さず、むしろ築きあげてください𝅝 どうか悪しき者の前にすておかないでください。

よこしまに報いる者が、マコトのさばきをもってわたしから遠ざけられますように。

主よ、わたしの罪にしたがってわたしをさばかないでください。あなたのみ前に罪なき人はいないからです。

主よ、あなたの律法をわたしに示し、あなたのさばきをわたしに教えてください𝅝 

そうすれば、多くの者があなたのわざを聞き、国民たちはあなたのほまれをたたえるでしょう。

わたしを覚え、わすれないでください𝅝 たえられないことに導かないでください。

わかいころに犯した罪がわたしから消え、わたしへのばつをもうわすれさせてください。

主よ、悪いツァラアト(病)からわたしを清め、もうわたしのもとに来させないようにしてください。

わたしの中のツァラアト(病)の根をからしてください。その葉が芽をださないようにしてください。

大いなる主よ、わたしの願いはあなたによって果たされます。

どんな人に「あなたはわたしにあたえてくれます」といえるのでしょうか。人間の力は、わたしにとって何の助けになりましょうか。

主よ、以前からあなたは、わたしの力です。わたしは主に向かってさけび、主はわたしの声を聞いて、わたしの心のさけ目をいやされました。

わたしはまどろんでねむり、夢をみました𝅝 そこでわたしは助けられ、主がわたしを支えてくださいました。

人々はわたしの心をいためました𝅝 しかし、主がわたしを救ってくださいましたので、わたしは感謝をもってそのお礼をささげます。

わたしは今、かれらのはじを喜びます。あなたに希望を持ち、わたしははじることがありません。

ほまれはとこしえにあなたのものです。

イスラエル、あなたの選ばれた者、ヤコブの家の者、あなたによって証明された者を、救い出してください。

神の恵みと怒りとは――正教会の伝統

Giulio Quaglio the Younger - Uzaj, ki se je dotaknil skrinje zaveze in za kazen umrl

エリック=ジョーブによる最近の義認シリーズ(パートI, パートII, パートIII)は、正教会での「神の怒り」のあつかいについて議論をおこしました。
正教会の考え方には「神の怒り」がない、と一部の読者はかんがえていたようです。
そういう人たちにとって、救いは「の怒りからの解放」となんの関係もありません。

わたしは義認シリーズについてはとくにコメントしません。かわりに、義認と関連する「神の恵みと怒り」についての問題をとりあげます。
ここでは、正教神学における恵みと怒りの関係についておおまかに探ってみます。この記事ではまだみじかくて不十分かもしれませんが、あまり学術的な議論よりも実際の体験や現実的なことを中心にかいていきます。

続きを読む

パスハ(復活祭)の説教 ー 聖金口イオアンによる

Resurrection (24).jpg
By Surgun100 - Own work, Public Domain, Link

敬虔で愛する人、あなたは公正で輝かしい勝利の宴を存分にたのしむでしょう。
かしこいしもべ、あなたはの喜びの中に迎えられ、喜びあふれるでしょう。
長い斎(断食)を敬虔に過ごした人、あなたはその報酬を今うけとるでしょう。

続きを読む

愛は旧約聖書の土台です - 洪水、疫病、戦争…聖書の神は愛の神?(Part3)

Part2からの続きです。

続きを読む

旧約聖書でも神は愛です - 洪水、疫病、戦争…聖書の神は愛の神?(Part2)

Nineveh

Part1からの続きです。

続きを読む

クリスマスに守ること――キリスト降誕説教、シリアのイサクによる

RozdestvoHristovo Rublev (detail)
アンドレイ・ルブリョフによるキリスト降誕のイコン

このクリスマスの夜は全世界に平和をもたらしました。
ですから、誰も問題を起こさないように。

続きを読む