初実の果

キリスト教についてまとめるメモブログです。

神の愛とその他の愛―愛の誤用について

エス様の教えには、次の御言葉のように難解な箇所があります。

私のもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、また自分の生命(いのち)さえも憎まない者は、私の弟子となることは出来ません。 ルカ14:26

続きを読む

”原罪”なきキリスト教?堕落とは何か、キリストの救いとは何か

Adam & Eve / creation and fall / XII century /"Adam & Eve / creation and fall / XII century /" by jimforest is licensed under CC BY-NC-ND 2.0

イエス・キリストのことをよく「救い主」と言いますよね。
でも、なぜイエスは救い主なのでしょうか。
キリストは、何からわたしたちを救ったのでしょうか。

続きを読む

神から はなれて あてもなく さまよってしまったことが ありますか?

道に まよっていたことは ありますか?

福音は あてもなく さまよってしまった ある子どもの お話を つたえています。
子どもは 外にでて さっていこうと していました。
家族は そのことを しっています。でも、 子どもを とめるコトは しませんでした。
しばらくして、 子どもは 自分が 道にまよっている ことを さとります。
父親と 共に いたいと ねがいました。
まもられ 愛されたいと ねがいました。
家に かえりたいと ねがいました。

myocn.net

この福音は ただ 若者が さまよった だけの 物語 では ありません。
わたしたちが どのようにして 時々 から まいごに なってしまう のか という お話 なのです。
わたしたちは さまよう コトが できます。
道に まよい、 から はなれて おそろしい きもちに いたる コトが できます。
は いつも あなたを みつけたいと ねがって おられます。
は わたしたちが つまり 神のところに きてほしいと ねがっています。
は どんなときでも わたしたちの 世話をして、 愛をそそぐ そなえを ととのえています。
もし わたしたちが から はなれて さまようような あやまちを おかしたとしても、 の もとに かえれば まもってくださるのです。
この 放とう・息子の 物語を つねに おぼえておきましょう。

「神の善」--シリアのイサクによる

今日シリアのイサクをよんでいて、こんな言葉をみつけました。イエスのたとえ話である「放蕩ほうとう息子」からのはなしです。
シリアのイサクは7世紀せいきの主教です。また、東方教会でとても名高い人でした。かれはイラク北部にあるニネベの主教でした。そのあと、孤独こどくといのりと執筆しっぴつの人生に身をひきました。かれの著作は今や世界中でしられています。とくに、東方正教会の兄弟たちの間で大切にされています。その本は東方正教会の人だけではなく、ハバひろく たくさんの人々を元気にしています。かれのふかいいのりと聖書の研究、そしてイエス・キリストへの愛からうまれた神のあわれみについての、とこしえのメッセージをつたえてくれています。

続きを読む

神はなぜ神を愛する者への誘惑を放っておくのか - シリアの聖イサクの説教

GM3_5158.JPG

聖徒たちが神の名のためにくるしみをたえて神への愛をあらわしたとき、神はその愛するものたちをみすてません。
聖徒たちは心の底から神をみる勇気を得ます。
勇気あるいのりは力づよいものです。聖者がたくさんのかなしみから試みをうけることを神がゆるすのは、神のたすけとまもりをおしえるためです。
なぜなら、神はくるしみの中からあがないだされる方だからです。聖徒たちは無学だけれども、経験から知識を得ます。それはサタンからあざわらわれないためです。
なぜなら、もしよいことだけで試みをうけたなら、ほかのまなびがないので たたかいにおいてメクラになるでしょうから。

続きを読む

シリア語詩編153編をよむ

シリア語にのこる外典(偽典)詩編です。


――人々がキュロスから帰国の許可を得たとき。

主よ、わたしはあなたに向かってきました𝅝 どうか聞いてください。

わたしはあなたの聖なる住まいに向けて手をのばしました𝅝 わたしに耳をかたむけてください。

わたしの願いを聞きいれてください𝅝 わたしのいのりはとだえません。

わたしのタマシイを壊さず、むしろ築きあげてください𝅝 どうか悪しき者の前にすておかないでください。

よこしまに報いる者が、マコトのさばきをもってわたしから遠ざけられますように。

主よ、わたしの罪にしたがってわたしをさばかないでください。あなたのみ前に罪なき人はいないからです。

主よ、あなたの律法をわたしに示し、あなたのさばきをわたしに教えてください𝅝 

そうすれば、多くの者があなたのわざを聞き、国民たちはあなたのほまれをたたえるでしょう。

わたしを覚え、わすれないでください𝅝 たえられないことに導かないでください。

わかいころに犯した罪がわたしから消え、わたしへのばつをもうわすれさせてください。

主よ、悪いツァラアト(病)からわたしを清め、もうわたしのもとに来させないようにしてください。

わたしの中のツァラアト(病)の根をからしてください。その葉が芽をださないようにしてください。

大いなる主よ、わたしの願いはあなたによって果たされます。

どんな人に「あなたはわたしにあたえてくれます」といえるのでしょうか。人間の力は、わたしにとって何の助けになりましょうか。

主よ、以前からあなたは、わたしの力です。わたしは主に向かってさけび、主はわたしの声を聞いて、わたしの心のさけ目をいやされました。

わたしはまどろんでねむり、夢をみました𝅝 そこでわたしは助けられ、主がわたしを支えてくださいました。

人々はわたしの心をいためました𝅝 しかし、主がわたしを救ってくださいましたので、わたしは感謝をもってそのお礼をささげます。

わたしは今、かれらのはじを喜びます。あなたに希望を持ち、わたしははじることがありません。

ほまれはとこしえにあなたのものです。

イスラエル、あなたの選ばれた者、ヤコブの家の者、あなたによって証明された者を、救い出してください。

神の恵みと怒りとは――正教会の伝統

Giulio Quaglio the Younger - Uzaj, ki se je dotaknil skrinje zaveze in za kazen umrl

エリック=ジョーブによる最近の義認シリーズ(パートI, パートII, パートIII)は、正教会での「神の怒り」のあつかいについて議論をおこしました。
正教会の考え方には「神の怒り」がない、と一部の読者はかんがえていたようです。
そういう人たちにとって、救いは「の怒りからの解放」となんの関係もありません。

わたしは義認シリーズについてはとくにコメントしません。かわりに、義認と関連する「神の恵みと怒り」についての問題をとりあげます。
ここでは、正教神学における恵みと怒りの関係についておおまかに探ってみます。この記事ではまだみじかくて不十分かもしれませんが、あまり学術的な議論よりも実際の体験や現実的なことを中心にかいていきます。

続きを読む